オーストラリアのキャッシュカード事情~キャッシュレス先進国で味わう便利さ

オーストラリアのキャッシュカード事情~キャッシュレス先進国で味わう便利さ

ここ数年ビットコインなどの仮想通貨が世間を賑わせています。
ビットコインでの決済方法など買い物時の支払い方法も多様化してきました。

オーストラリアでは買い物時のキャッシュレス化がかなり進んでいます(買い物時に現金を使わないということ)。
僕が日本に帰ってきて感じたことは、日本はまだまだ現金主義の人が多いということ。

今回は、キャッシュレス先進国であるオーストラリアで感じたキャッシュレス、デビットカード、ネットバンキングの便利さをお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

キャッシュレス支払いの魅力

僕が実際にキャッシュレス先進国のオーストラリアでの生活を約1年間してみて感じたこと。


支払いがかなり簡単
これは言わずもがな。とにかく面倒なお金のやり取りがなくて済む。財布の中を小銭やお札でパンパンになることがない。支払いもピッってやるだけ。


地方の田舎の駄菓子屋みたいなところでも使えたりする
キャッシュレスが浸透すると、現金でしか支払いが出来ないということがほとんどない(たまーにある)。レストランでももちろん使える。


デビットカードであれば手数料がない
支払いがクレジットカードであれば手数料がかかる時もあるが、デビットカードであれば手数料も発生しない。


オーストラリアでは本当に地方の小さいお店でもカードが使えるから便利です。

しかしまあキャッシュレスの魅力はせいぜいこのくらいだと思いますが、キャッシュレスの中でもデビット機能がつくだけでかなり便利さが変わるということに気が付きました。

デビットカードとは?

このデビットカードとは一体何なのか?

デビットカードはカードを使った瞬間に、紐づけてある自分の銀行口座からお金が引き落とされます。よって自分のお金の管理がしやすく、カードを使いすぎて返済に困るということもありません。

オーストラリアのデビット機能付きキャッシュカード

オーストラリアでは給料やレントが週払いというのが一般的です。
そしてその支払いや給料の受け取りをするために、ワーホリでオーストラリアに行く人がまず初めにするのが銀行口座の開設です。

オーストラリアの4大メガバンクはこちらの4つの銀行

  • NAB(National Australia Bank)
  • Commonwealth
  • ANZ(Australia New Zealand Bank)
  • Westpac

ワーキングホリデーに行く人で人気の銀行はNABとCommonwealthの2つの銀行で、僕もNABでキャッシュカードを作りました。
そしてこのカードを作るときに、デビット機能を付帯することが出来ます。この時一緒にネットバンキングの口座開設も出来ます。

このデビット機能、日本にいるときは存在だけ知っていましたが、わざわざ付ける必要ないだろうと思っていました。
しかし、オーストラリアで生活するにあたり、デビット機能付きキャッシュカードというのはなくてはならない生活必需品となります。

何が出来るか?

  • 現金が必要な時に、ATMはもちろんのこと、スーパーのレジでもお金をおろすことが出来て、スーパーのレジだとどの銀行口座でも引き出し時の手数料はタダ。
  • 各銀行のアプリが便利。アプリ内で残金の確認、普通預金と定期預金のお金の移動、他口座を含む送金が出来る。
  • 海外のATMでも現金を引き出すことが可能。

個人的にはアプリがかなり便利だと感じました。

スマホで簡単にチェックできるので、給料の振り込みがされているかなどよく確かめていました(笑)
シェアハウスに住んだ時なんかは、オーナーの口座にアプリ内でいつでも振り込みが出来てかなり楽です。

また海外のATMでもキャッシュカードとしてお金を引き出せるのはかなり便利!

まとめ

オーストラリアでの買い物やレストランでは面倒な現金のやり取りがなく本当に便利でした。僕は日本では普通の銀行のキャッシュカードしか作っていませんでしたが、早速帰ってきてデビットカードへの切り替えをしました。これからは日本でもキャッシュレスな生活をしようと思います。

生活お役立ちカテゴリの最新記事

Translate »