ワーキングホリデー(ファーム)

オーストラリアのワーキングホリデーで得たファーム情報のまとめです。

ファームでの給料

ファームの給与形態は大きく分けて2つあります。
時給もしくは歩合です。
時給の仕事を”アワリー”、歩合の仕事を”コントラ”とか”ピースワーク”とか言ったりします。

時給・歩合それぞれの仕事の特徴

■時給の仕事のメリット

  1. 安定した給料が手に入る
  2. スキルに左右されない
  3. 天候に左右されない

■歩合の仕事のメリット

  1. 短期間で大金を稼げる場合がある
  2. 時給の仕事に比べ、仕事がゲットしやすい

探すべきは時給の仕事

時給と歩合、どちらも経験しましたが、探すべきは時給の仕事です。理由は以下の通りです。

1.安定した給料が手に入る
オーストラリアは世界で3本の指に入るほど最低賃金が高いことで知られています。シティジョブ(レストランやホテルなど)は$17.70、ファームジョブに至っては$22.13です。日本円にして時給1,836円です($1=$83計算)。めちゃめちゃ高いんです。クリスマスなど、祝日なんかだと給料2倍になったりします。今でもどんどん上がっているみたいです。

2.スキルに左右されない
日本からオーストラリアにワーホリに来る人で、日本にいた時からフルーツや野菜の収穫をしていたからスピードには自信がある!なんて方はほとんどいないと思います。

しかし歩合の仕事でたくさん稼ごうと思うとやはりピッキングスピード、パッキングスピードが大事になってきます。要するに各々のスキルです。ずっと同じ仕事を続けてきてもう大分慣れた!歩合の方が稼げる!というのであれば歩合で結構ですが、初めてのファームに入ったときは慣れるのに1~2週間かかります。

3.天候に左右されない
正直これはかなり大事です。時給の仕事でも雨の日だと仕事できないし一緒では?そう思われた方もいるかもしれません。確かに時給の仕事でも雨の日は仕事出来ないことはありますが、歩合の場合だと仕事が出来ないだけでなく、作物が育たなくて(沢山獲れない、作物が大きくない)稼げないということです。

僕の例を挙げると、2016~2017シーズンのタスマニアは悪天候がずっと続いており作物が全然育たず、フルーツピッキング等の歩合の仕事は全く稼げませんでした。この頃時給の仕事をしていた友人は僕より全然稼いでいました。

4.まとめ
理想はすぐに時給の仕事に就けることですが、正直歩合の仕事に比べると時給の仕事を手に入れるのは難しいです。募集人数がそもそも少ない上に、時給の仕事を欲しがっている人がかなり多いためです。

時給の仕事は常に探し続けるとして、見つかるまでは仕事がゲットしやすい歩合の仕事をするというのが現実的です。

ファーム情報の記事はこちら

サンシャインコースト編

タスマニア編

オーストラリア生活お役立ち情報