タスマニアの隠れ観光スポット!Tahuneエアウォークで空中散歩!

タスマニアの隠れ観光スポット!Tahuneエアウォークで空中散歩!

公開日時:2017年7月14日 最終更新日:2018年9月30日

こんにちは。
HIKKUです。

今回はタスマニアの空中散歩スポット「Tahune(タフーン)エアウォーク」の紹介をします。

タスマニアで空中散歩って言われてもピンとこないかもしれんせんね。
僕も初め聞いたときはよくわからなかったんですけど、確かに空中散歩でした。

しかも森と川の間を楽しく散歩出来るんです。

Tahune AirWalk~タフーンエアウォーク

タフーンエアウォークでは大自然の中を散歩できるだけでなく、ハンググライダーで空を飛び、夜はキャビンに泊まることも出来ます。
タスマニアは、人口よりも家畜の数の方が多いと言われるだけあって、今まで行った中でも特に自然の中のアクティビティスポットが多いです。ここもその一つ。

Tahune AirWalkの行き方

タフーンエアウォークはホバート南西に位置し、Geevestonまで車で南下していくとすぐに看板が見えてきて、ほぼ一本道なのでとても行きやすいです。
だいたいホバート市内からは車で1時間半ほどかかります。

ここへは残念ながら公共交通機関で行くことは出来ず、Tassielinkのバス会社を使い最寄のGeevestonまで行って後は自力で行かないといけません。
運が良ければヒッチハイクも出来るかもしれませんが、レンタカーなどを使っていくことをおすすめします。

Tahune AirWalkで空中散歩

まずはTahune AirWalkまで行ったら車を停めてビジターセンターでチケットを購入します。
ここではお土産を買ったり、中で軽食も食べれるカフェがあります。

チケット料金
大人:$29/人
子供:$14.5/人

チケットを購入し、トイレなど準備を済ませたら森の中に入っていきます。

ビジターセンターからスタートして所要時間は2時間前後です。

この橋を渡ってスタート。

ここを流れている川はHuon Riverです。
釣りの時にも紹介した川でこの辺はHuon Riverの上流にあたります。

スタートしてすぐは階段が多くどんどん森の中をどんどん上に登って行っているような感じです。

ここからは空中散歩の始まりです。

ここは高さ約20~30m、長さ約620mでここをどんどん進んでいきます。

めちゃちゃ高いです。

ですが高所恐怖症の人でも鉄橋はしっかりしているので安心してください。

景色は最高です。

Tahune AirWalkの一番の目玉である川の上のエアウォーク!

この場所は川上約50mもの高さにあるみたいです。
先端まで行って写真を撮ればまるで空中にいるようです!

川上のエアウォークを過ぎると下り道に入ります。
森の中を進むので、できるだけ歩きやすい靴で来た方がよさそうです。

エアウォークを見ると見上げてみるとかなり高い場所に位置しているのがわかります。

下まで降りればHuon Riverを横目に進んでいきます。
川の流れる音を聞きながらの散歩は癒されます。

さらに進んでいくとSwinging Bridges という吊り橋があります。

100m以上の長さの吊り橋でけっこう揺れるので、スリリングな体験が出来ますよ。

Swinging Bridgesを2本通過した後は広い道路に出てようやく終わりが近づいてきました。
最後に川近くで少し休憩して疲れた体を癒しましょう。

これでTahune AirWalkは終了です。

Cable Eagle Hang Gliderで森のアクティビティ体験!

安全装備を装着してHuon Riverを250m飛べるらしいです。
体重制限があり、25㎏~120㎏で、靴もスニーカーや革靴など四方が囲まれている靴であることが条件のようです。

ハンググライダー料金
大人:$18/人
子供:$16/人

チケットはビジターセンタで購入可能。
めっちゃ楽しそうです。次行くときは絶対挑戦したい。

Tahune Lodge Accommodation & Self-contained Cabinで森の宿泊

Tahune AirWalkには宿泊施設もあります。

色んなタイプの部屋があってWifiもとんでいるらしいので、天気のいい日であれば、かなりきれいな星空も見れそうですね!
ゆっくりしたい方は一泊してめいっぱい楽しむのもよさそうですね。

宿泊料金などはこちらで確認できます↓
>>Tahune AirWalk公式HP

まとめ

いかがでしたか?タスマニアの隠れスポット。
ここはエアウォークもバリアフリーのコースがあったりするので、身体が良くないよ人でも楽しめるようになっていて、お客さんに優しいところだなと思いました。

いつもとはまた一味違った体験が出来る場所なのでとても楽しめますよ。

Hobartカテゴリの最新記事

Translate »