ランカウイ島~パヤ島~これぞリゾートアイランドの楽しみ方!!宿泊はマーリベストリゾートホテル

ランカウイ島~パヤ島~これぞリゾートアイランドの楽しみ方!!宿泊はマーリベストリゾートホテル

公開日時:2017年9月19日 最終更新日:2018年10月13日

こんにちは。
HIKKUです。

マレーシアには魅力的な島がたくさんあります。
その中で行ってみたい「島」といえば

  • レダン島
  • ペナン島
  • ランカウイ島
  • ボルネオ島

などが有名ですよね。

今回はその中でも、ビーチがきれいで、とびぬけてお酒が安いというランカウイ島に行ってきました。

ランカウイとレダン

※写真はレダン島
実は今回、ランカウイにするかレダンにするかとても迷いました。レダン島は東南アジアの数ある島の中でもかなりきれいな島と言われており、ビーチに行くならレダンに行きたいと思っていました。

しかし、レダンを選ぶと

  • 直前にホテルをとったため値段が高いところしか空いていなかった
  • 個人で予約していこうと思ったため、船の手配に不安があった

一方、ランカウイだと

  • クアラルンプールから直行便がある
  • 飛行機もホテルも安い
  • お酒が安い
  • ランカウイも海はきれい

という理由でランカウイを選びました。今回は節約&楽しむ旅行です。

ランカウイ島~パンタイチェナン&パンタイテンガーエリア

ランカウイ島にはビーチのきれいなおすすめエリアがいくつかあります。
今回僕は左下パンタイエリアに行ってきました。
このエリアはレストランやお土産屋などの店が多く、ビーチもきれいでビーチ目の前のホテルが多いです。

  • 地図右上:タンジュン・ルーエリア
  • 地図右下:クアエリアはビーチ
  • 地図左上:ケーブルカー
  • 地図左下:パンタイチェナン&パンタイテンガーエリア、旅行客に最も人気のエリア

ランカウイ空港

ランカウイ島へはクアラルンプール国際空港から飛行機で約1時間ほどで行けます。

ランカウイ島は小さいので数時間で島を一周できます。
僕は借りませんでしたが車を借りて島を一周するのも楽しそうですね。

空港に着いて荷物受取場の隣にこのようなブースがあります。
これは全てレンタカーのブースで、各社の競争が激しくてこちらが楽しくなるくらい勧誘してきます。なので事前に予約しなくても当日レンタカーを借りることが出来ます。

空港の出口近くにインフォメーションセンターがあるので、島の情報を詳しく知りたければここで聞くことも出来ます。

空港出口ではタクシーを呼ぶことが出来ます。
この受付で行き先を告げてお金を払えば、タクシーナンバーが書いてあるチケットレシートを貰えるので、それを持って外で待っていればすぐにタクシーが来ます。
運転手さんは行き先をもう聞いているので、行き先を言わなくても送ってくれますが、心配であれば行き先を告げましょう。

空港も島も小さいのでUberは走っていないと思っていたのですが、タクシーチケットを買ったあとに調べたらUber走っていました。
値段もUberだと半額くらいだったのでUberを使った方がお得です。

マーリベストリゾートホテル~スーペリア

空港から「マーリベストリゾートホテル」までは車でだいたい20分程です。

このホテルはコテージタイプの部屋と通常のホテル部屋があります。
着いたらまずはフロントで受付をして部屋に向かいましょう。

今回宿泊したのはスーペリアツインのお部屋。
部屋はけっこう広いです。
テレビやクーラーもついていて快適でした。

Wi-Fiはフリーですが、部屋によると思いますが、僕が泊まった部屋はあまり強くありませんでした。
*Wi-Fiパスワードはフロントの壁に掲載してあります。

ベッドはセミダブル(手前)とシングル(奥)。

部屋のアメニティで水と紅茶、ポット、ミニ冷蔵庫がついています。
ホテルの目の前にはコンビニがあり、夜食にカップ麺を食べる時便利です。

アメニティでタオルはついていますが、シャンプーやボディソープはついていません。
持ってきてなくてもコンビニに売ってるので、なければ買いましょう。

部屋からの景色はこんな感じ。
コテージを挟んでビーチが広がっているので行ってみました。

このビーチは他のホテルのプライベートビーチと繋がっているので、かなり広いです。
ビーチのその辺に係員がいるので、パラソルとチェアは10RMで借りることが出来ます。
このビーチではマリンスポーツを楽しむことも出来ます。


やっぱりビーチと言えば夕暮れが一番きれい!
ということでここからは夕暮れのビーチ特集!

左側のホテルの2階に泊まっていました。

コテージの横を通り抜けて行きます。

海沿いのリゾートホテルいいですね!

日の入りがとってもきれい。
ビーチリゾートに行くと絶対に夕焼けは外せませんね!一日の疲れがぶっ飛びます。

▼ マーリベスト リゾートの詳細・料金を確認する

▶口コミを見る

ランカウイ島は免税の島~お酒がとにかく安い

町の様子。
こんな感じで店がずらーっと並んでいます。

なまこマッサージオイル。
やはりランカウイのお土産と言えば「なまこ」シリーズ。
別記事でも紹介したマレーシアのオススメのお土産「なまこ石鹸」と言えばランカウイ発祥ですので、ランカウイに来たらなまこ石鹸を買うことをおすすめします。


ここのパンは値段もかなり安く、めちゃめちゃおいしいです。ここはめっちゃおすすめ!
地元の人や観光客にもかなり人気で、行ったときは毎回レジに人が並んでいました。


夜はレストランへ。

歌手の生歌を聞きながらご飯を食べれるのもいいところ。

料理もとてもおいしかったです。

ランカウイのお酒が安い理由

ランカウイ島は免税の島と言われており、本島に比べてだいたい全部安いです。その中でも特に安いと感じるのがお酒。

マレーシアは多民族国家であり、多宗教です。
イスラム教も混じっており、マレーシアの国内でお酒を作ることが出来ないのでマレーシアのお酒は全て輸入に頼っています。そのためマレーシアで飲むお酒はすごく高いです。

その点ランカウイは免税の島なのでレストランなどで安くお酒を飲めるというわけです。価格はだいたい2分の1~3分の1くらいです。

なのでマレーシアで浴びるほどお酒を飲みたい人はランカウイへ行くことをおすすめします。

▼ マーリベスト リゾートの詳細・料金を確認する

▶口コミを見る

パヤ島~離島の楽園でシュノーケリングを楽しむ

ランカウイに行ったら是非おすすめしたいのが離島(ランカウイ島)のさらに離島。

その名もパヤ島。
せっかくリゾートに行くならここまで行きましょう!

ランカウイの町の至る所にこのようなツアーデスクがあります。
どこのツアーデスクを選んでも大丈夫で、パヤ島ツアーの案内をしています。

チケットはその場で購入し、その時にシールワッペンも貰えます。朝そのシールを胸辺りの見えるところに貼ってバスを待ちます。するとバスが拾ってくれるので船着き場まで移動します。船着き場のクアエリアまではだいたい40分前後です。

パヤ島ツアーの内容
朝8時頃ホテル出発~バス移動と船でパヤ島に到着~シュノーケリング~昼食~シュノーケリング~船とバスで移動~夕方5時頃ホテル到着

移動及び昼食付きで相場は130~150RM/人
*それ以上高いのであれば別のツアーデスクに行くことをオススメします。

この船で島まで行きます。

中は全員が座れるくらいの広さです。
けっこう大きい船なので揺れはあんまりなく、船酔いはあまり心配しなくていいと思いますが、心配な人は酔い止めを飲んでおいた方がいいです。
パヤ島までは約1時間の船旅です。

パヤ島が見えてきました。

近くまで行くと小型船に乗り換えて上陸します。

海がめっちゃきれいです。この時点で魚が泳いでいるのが見えます。

小道をどんどん進んで行くと、

こんなきれいなビーチが待っています。

一応シュノーケリング道具も貸してもらえるらしいのですが、前に行ったことのある人の話を聞くとゴーグルが曇っていて海の中がよく見えなかったと言っていたので、クアラルンプールでゴーグルを買って、持って行きました。
なので出来ればゴーグルも自分のものを持っていった方がいいかもしれません。

ライフジャケットは船の中で貸してもらえるので、浮輪とかはなくても大丈夫です。

海の中もかなり透き通っていて、魚もたくさん泳いでいました。
ゴーグルを買っていって良かったなと思いました。

↑20秒くらいの動画です。

この島でのシュノーケリングは沖の方とかに行かず、浜辺すぐのところがとても深くなっていて疲れたらすぐ戻ってこれたりするので、シュノーケリング初心者の人にもおすすめです。もちろん初心者でなくても十分楽しめますよ!

泳いだ後はお昼ご飯。お弁当とみそ汁、水がついています。
それがこちら↓

おそらくこれだけだと足りないので、ポテチなんか持っていくといいと思います。
海に入った後のポテチってマジでおいしいですよ!
探検できるような島でもないので、ご飯を食べた後はまた海で泳ぐかビーチでゆったり。


ビーチで泳いだ後はシャワー室がありますが、ギリギリに行くとかなり込み合っているので余裕をもっていくことをおすすめします。

シャワーの隣はトイレですが、トイレットペーパーはないので持っていった方がいいです。
あとここの水道水は海水なので水も多めに持っていくことをおすすめします。
シャワーも海水です。

帰りの船を待っている間、子供がパンを投げていて気持ち悪いくらいの魚の群れが。。。

帰りも1時間ほど船に揺られて、船着き場に着くとバスが待っているのでバスに乗ってホテルの前でおろしてもらいパヤ島ツアーは終了です。

ランカウイ島~まとめ

いかがでしたか?マレーシアは物価が安いですがお酒が高いです。その点ランカウイは酒好きにとっては最高の場所ですね。
ランカウイはクアラルンプールからすぐに行けて飛行機代も安いというところがまたいい!クアラルンプール観光の合間に1日~2日ランカウイのリゾートを挟むのもいいのではないでしょうか。

そしてランカウイに行くならパヤ島も合わせて行くことをおすすめします。パヤ島ツアーはこれだけのボリュームでとにかく安い!!この時のレートで日本円で3,500円くらい。

海も酒も大満足のランカウイ島でした!

ちなみにマレーシアで純粋に海だけを楽しみたいならレダンがおすすめです。マレーシアで出会った人たちもレダンはかなりおすすめだと言っていました。
次回マレーシアに行くときはしっかり計画を立ててレダンに行きたいと思います。

最後にランカウイ空港は結構混むので出発1時間半前には到着しといた方がいいです。国内線だと思って油断して出発50分前くらいに行ったら混みすぎててあやうく乗れないところでした。。。

ホテル情報・予約

住所
Pantai Cenang, Mukim Kedawang, 07000 Langkawi Kedah Darul Aman, 07000 Langkawi, Kedah, マレーシア
星の数 ★★
ホテル名 マーリベスト リゾート
Malibest Resort
エリア ランカウイ島、パンタイチェナン&パンタイテンガーエリア
アクセス ランカウイ空港よりタクシーで20分程
時間 チェックイン15:00/チェックアウト12:00
▼ マーリベスト リゾートの詳細・料金を確認する

▶口コミを見る

マレーシアカテゴリの最新記事

Translate »