ホテル Midtown Richardsonに泊まってきました。きれい!駅チカ!好立地!で台北旅行の拠点に!

ホテル Midtown Richardsonに泊まってきました。きれい!駅チカ!好立地!で台北旅行の拠点に!

こんにちは。
HIKKUです。

台北2日目はHotel Midtown Richardson(ホテル ミッドタウン リチャードソン)に泊まってきました。
1日目に泊まった台北駅前のTAIPEI H IMPERIAL ホテルからあまり離れていない距離にあって、相変わらず台北市内の観光には便利な場所です。
駅チカだし、ホテルサイトの口コミもとても良いということで2日目はここに決定。
せっかくの台湾旅行だし色んなホテルに宿泊したい!という方の候補に入れてもいいかもしれませんね!

それではホテルレビューしていきます。

Hotel Midtown Richardson


ここが今回宿泊したホテル。
2015年に建築されたばかりの比較的新しいホテルです。

チェックインは5階の受付ロビーで行います。
1階にも受付の人はいますが、チェックインとチェックアウトは5階でしてと言われます。

でも1階には自動チェックイン/アウトの機械があるので、こっちも使えそうです。


エレベーターで自分の部屋階へ。廊下がきれいだと部屋も期待できるからわくわくしますよね。

スーペリアダブルルーム


今回宿泊した部屋はスーペリアダブルルーム。
ベッドはダブルでこんな感じで、部屋が広いのでのびのび出来ます。
やっぱり海外のホテルに宿泊するときはこれくらいの広さがほしいところ。
ちなみに部屋の広さは23㎡。
地味にこの奥にあるソファが気持ち良すぎてほしいと思った。。


別アングルから見た部屋の様子。

しっかりベッドの横にコンセントがあるので気が利いていると思う。


金庫もポットもコップも水もコーヒーも冷蔵庫など、拠点のホテルの最低条件?もクリア。
(外に出る気ないだろというツッコミが入りそう。。。)


続いてはバスルーム。このホテルはバスタブなしのシャワーのみのタイプでした。

バスルームにはシャンプーやボディソープなどのアメニティも揃えてあるので、持っていかなくても大丈夫です。
とりあえずこれで、お部屋の中の紹介はおわり。続いてはホテル内の紹介。

ホテル内を探検


実はこのホテルの中心は吹き抜けになっていて中央にはレストランがあります。
なのでエレベーターの上り下りしている時も少しだけ楽しめますよ!

ここがその1階レストラン。今回は行けませんでしたが、行ってみたい。

ここは5階ロビーの隣のソファ。謎にここで30分くらい寝ました。(笑)

同フロアの別の休憩スペース。
ここで寝れば良かったと後悔。(泣)

同フロアのPCルーム。使うときは受付に言ったら使えるみたい。

こちらはホテルのレストランではないけども、ホテルに併設されている韓国系のレストラン。
台湾3日目以降くらいだったら晩御飯はホテル併設の場所で!食ったら寝る!みたいなのでもいいですが、今回は2日目ということもあり、晩ご飯は夜市で食べました。

Hotel Midtown Richardsonの行き方

場所は西門駅(Ximen Station)から徒歩たったの4分(徳立荘酒店と書かれているところ)。西門駅は台北駅の隣の駅なので拠点にすると便利な場所です。総統府(地図右下)も近いです。
台北はバスや電車が交通機関としては優秀で、僕のおすすめは電車の駅チカに宿泊すること、というのもUberが比較的高く設定されているのと電車、バスの乗り方が簡単だから。

まとめ

いかがでしたか?めちゃめちゃ安くはないけど、きれいで満足度の高い、中~上クラスホテルに泊まりたい旅行者にとってはなかなかいいホテルだと思います。個人的にはもう少し安くてもいいかなとも思いましたが、立地条件など考えるとまあ妥当な値段かな。
次は夜市とか台北101のことを書こうと思うのでお楽しみに!

Hotel Midtown Richardsonの料金を確認する




ホテル 台湾カテゴリの最新記事

Translate »