タスマニア、Geevestonでアップルシーニング!ところでシーニングって何?

タスマニア、Geevestonでアップルシーニング!ところでシーニングって何?

公開日時:2017年3月10日 最終更新日:2017年6月23日

タスマニアのファームジョブといえばチェリー。

でも実は、チェリーと同じくらいアップルが有名なんです。
僕はタスマニアに来るまでアップルがこんなに有名だなんて知りませんでした。
だいたい「タスマニア ファーム」で調べると出てくるのはチェリーですからね。
というわけで、今回はアップルシーニングについてご紹介します。

スポンサーリンク

アップルシーニング(thinning)

ところでシーニング(thinning)ってご存知ですか?

アップルシーニングとは【間引き】のことで、リンゴの木の枝に、リンゴが5個も6個もなっていて、栄養が分散してしまうから1~2個だけ残してあとはむしり取ってしまおう。というものです。

実際の写真がこちら↓

このようにリンゴが密集してなっているので少なくしちゃおうってわけですね。

意外とリンゴの木って見たことない人が多いかもしれません。
そういう僕もタスマニアで初めて、リンゴが木になっているところを見ました。



この写真の木以外にも、はしごを使わないと取れないくらい大きい木もあったりとリンゴの種類の数だけいろんな大きさの木があります。

シーニングには栄養がいきわたるようにという意味だけでなく、リンゴが大きくなってくると枝が重さに耐えれなくなってしまい折れてしまうので、それを防ぐ効果もあります。
なのでリンゴの残し方のバランスも大事です。

ではここからが僕が行っていたファームについてです。

Grigs Bros

僕が働いていたファームは Grigs Bros というGeeveston(Huonvilleから車で15分程)という場所にあるファームです。隣にはオージーチェリーがあります。

このファームはアップルだけでなく、ブルーベリーやチェリーもあります。ほかの仕事については別記事で紹介します。

途中で雨が降ってきた場合には小雨程度なら続行、本格的に振り出しそうなら早く切り上げ、ということで、雨具などはいりませんでした。

オーナーはオージーで、家族経営でやっているファームです。休みの日はスーパーバイザーと海に行ったりしてとてもフレンドリーな人たちです。

初めてLittle devil backpackersからもらった仕事がこのファームです。

始まったのは12月初旬からでした。
例年であれば11月下旬にはスタートしているので、やはりアップルファームもストロベリー同様遅れていました。

アップルシーニングの給料

給料は時給で$22.12/hでした。
毎日朝7時から昼の3時まで、休憩も含めて約8時間はできたので、給料も良かったです。

*このエリアのアップルシーニングは時給のところが多いのですが、ハンセン(Hansen)のシーニングは歩合でした。木一本につきいくら、といった感じで、僕のヨーロピアンの友人は1日最高$300も稼いでいました。

ただ歩合だとその日にやるレーンによって多くできたりできなかったりと安定してなさそうでした。ローンセストン方面のアップルも歩合のところが多いみたいです。

タスマニアの天気

余談ですが、タスマニアの天気はころころ変わります。本当にころころ変わります。天気予報なんて本当にあてになりません。なのでスーパーバイザーは雲を見て雨が来るかを察知していました。
自分は天気予報できると言っていました。
たまに外していましたが。(笑)

雨が上がった後は毎回虹が見れました!

↑画面中央うっすらと。(笑)

タスマニアで洗濯するときは天気がすぐに変わるので干すときには注意が必要です。しかしタスマニアは世界一空気がきれいと言われるだけあって、雨ですら飲めるくらいきれいです。なので現地の人は雨が降っても洗濯ものを干しっぱにして乾くまで待ちます。

タスマニアには雨水が売っているみたいですよ(笑)

Hobartカテゴリの最新記事

Translate »